ケアマネージャーについて

ケアマネが教える認知症のリスクと予防対策

認知症なるとどんなことがおきるのか?

認知症になると、日常生活のさまざまな側面に支障が出ることがあります。認知症の進行度によって、これらの問題の深刻さは異なります。初期段階では軽微な問題にとどまることもありますが、進行すると日常生活全般にわたって重大な支障が出ることが多いです。家族や介護者のサポートが不可欠となり、専門的なケアが必要になることもあります。以下は、認知症の主な影響と具体的な問題点になります。

短期記憶の喪失

  • 最近の出来事や会話を忘れる。
  • 物を置いた場所を思い出せない。
  • 日付や時間の感覚がなくなる。

 長期記憶の影響

  • 過去の出来事や人の名前を思い出せない。
  • 自分の人生に関する記憶が曖昧になる。

判断力と計画力の低下

  • 日常の意思決定が困難になる。
  • 買い物や金銭管理ができなくなる。
  • 複雑な選択をすることが難しくなる。

計画の立て方が分からなくなる

  • 予定を立てたり、時間通りに行動するのが難しい。
  • 料理や掃除などの家事が計画通りに進められない。

言語能力の低下

  • 言葉を思い出せない
  • 話すときに適切な言葉が出てこない。
  • 会話の途中で言葉に詰まる。

理解力の低下

  • 他人の話を理解するのが難しい。
  • 説明を受けても内容が把握できない。

視覚・空間認知の問題

  • 空間認識の低下
  • 方向感覚を失い、迷子になる。
  • 家の中での移動が困難になる。

物体認識の困難

  • 物の形や色を認識しにくくなる。
  • 日常的に使う道具を見分けられなくなる。

行動と感情の変化

  • 行動の変化
  • 無意識に同じ行動を繰り返す。
  • 落ち着きがなくなり、そわそわする。

感情の変化

  • 気分が急に変わる。
  • 不安や怒り、混乱などの感情が高まる。

日常の活動への影響

  • 食事の準備ができなくなる。
  • 食事の仕方を忘れてしまう。

衛生管理

  • 身だしなみや入浴を怠る。
  • トイレの使い方が分からなくなる。

社会的活動

  • 友人や家族との交流が減少する。
  • 社交の場を避けるようになる。

安全性の問題

  • 家の中での事故が増える。
  • ガスや電気の消し忘れ。
  • 階段や家具にぶつかることが増える。

外出時のリスク

  • 道に迷って帰れなくなる。
  • 交通ルールを忘れ、事故に遭う可能性が高まる。

経済的な管理

  • 金銭管理の困難になる。
  • 支払いを忘れたり、二重払いしたりする。
  • 詐欺や悪質な販売に騙されやすくなる。

認知症を予防していく為の方法

1. 健康的な食生活

方法

  • 抗酸化物質を含む食品: ほうれん草など(緑黄色野菜)・オレンジ、キウイフルーツなど(果物)・アーモンド、クルミ(ナッツ類と種子類)
  • 低飽和脂肪酸・低トランス脂肪酸: 赤身の肉や加工食品を控える。

根拠

  • 抗酸化物質は、脳細胞の損傷を防ぐ効果があります 。

2. 定期的な運動

方法

  • 有酸素運動: 適度なウォーキング、ジョギング、サイクリングなど。
  • 筋力トレーニング: 週に2回以上の筋力トレーニング。

根拠

  • 運動は、脳への血流を増加させ、神経成長因子の生成を促進します。これにより、脳の健康が維持されます 。
  • 有酸素運動は、特に海馬(記憶を司る部分)の機能を改善することが示されています 。

3. 良質な睡眠

方法

  • 規則正しい睡眠習慣: 毎日同じ時間に就寝し、起床する。
  • 睡眠環境の整備: 静かで暗い部屋、適切な温度、快適な寝具。

根拠

  • 良質な睡眠は、脳内の老廃物を除去し、神経細胞の修復を助けます 。
  • 睡眠不足は、アミロイドβ(アルツハイマー病の原因物質)の蓄積を促進する可能性があります 。

4. 脳を活性化させる活動

方法

  • 認知トレーニング: パズル、クロスワード、読書、学習活動。
  • 新しい趣味の開始: 楽器の演奏、絵画、料理など。

根拠

  • 脳を積極的に使うことで、シナプス(神経細胞間の接続)が強化され、脳の可塑性が維持されます 。
  • 知的活動は、認知機能の低下を遅らせる効果があります 。
Free Coloring Book
無料塗り絵について 無料塗り絵について 当サイトでは無料で塗り絵を活用して頂くことが可能です。余暇活動の一環として気軽に提供にできる無料塗り絵をぜ...

5. 社会的なつながりの維持

方法

  • 社会活動への参加: ボランティア、クラブ活動、地域イベントへの参加。
  • 家族や友人との交流: 定期的な連絡や訪問。

根拠

  • 社会的なつながりは、ストレスを軽減し、脳の健康を保つのに重要です 。
  • 孤独感や社会的孤立は、認知症のリスクを増加させることが示されています 。

6. 心血管の健康維持

方法

  • 定期的な健康診断: 高血圧、糖尿病、高コレステロールを早期に発見・管理する。
  • 健康的な生活習慣: 禁煙、適度なアルコール摂取。

根拠

  • 心血管疾患は、認知症リスクを高めるため、その管理が重要です 。
  • 高血圧や糖尿病は、脳血管にダメージを与え、認知機能の低下を引き起こします 。

7. ストレス管理と精神的健康

方法

  • リラクゼーション法: 瞑想、ヨガ、深呼吸法。
  • 趣味や活動を楽しむ: 自分が楽しめる活動を見つけ、ストレスを軽減する。

根拠

  • 慢性的なストレスは、脳に悪影響を及ぼし、認知機能の低下を引き起こします 。
  • 瞑想やヨガは、ストレスを軽減し、脳の健康を促進する効果があります 。

まとめ:認知症のリスクと予防対策

認知症を予防していく為の方法を生活に取り入れていくことで、認知症のリスクを効果的に低減する可能性があります。エビデンスに基づいたアプローチを取り入れ、個々の日常生活で実践し継続できる内容が重要です。また、認知症の症状や状態も個々で違いがあります。必ずかかりつけ医と相談を行いながら医学的アプローチと介護支援内容をすり合わせしながらの支援が重要となっております。認知症についてわからない・悩みがある場合はケアマネージャーに相談し調整を図って行きましょう。

Minor changes to care plan
介護支援専門員(ケアマネージャー)の 役割について介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険法に基づいて、要介護者や要支援者が適切なサービスを利用できるよう支援する専門職です...