ケアプラン作成例文

ケアプラン2表【文例】課題(ニーズ)・長期・短期目標 入浴・身体保清関係 

Bathing support

ケアプラン:入浴・身体保清関係のポイント

ケアプラン作成における入浴・身体保清関係のポイントは、利用者の個別性を尊重し、安全性を確保しつつ、身体の状態に応じた対応を行い、精神的なケアを重視しながら、実施状況を詳細に記録・評価し、スタッフの教育と医療スタッフとの連携を強化することです。

個別性の尊重:

利用者の身体状況や生活習慣、文化的背景に基づいて、適切な入浴方法や頻度を設定します。利用者の好みや希望を反映させることが重要です。

 安全性の確保:

入浴時の転倒防止や水温の適切な管理など、安全対策を徹底します。バリアフリー設備の確認や介助が必要な場合のサポート体制を整えます。

身体の状態に応じた対応:

皮膚の状態(乾燥、湿疹など)や疾患の有無に応じて、使用する洗浄剤や保湿剤を選びます。入浴後のケアとして、皮膚の保湿や乾燥予防を行います。

精神的なケア:

入浴はリラックス効果があり、精神的な安定にも寄与します。入浴時間を楽しみにしてもらえるように工夫します。また、入浴時のプライバシーを守り、利用者の尊厳を尊重しましょう。

記録と評価:

入浴・身体保清の実施状況を詳細に記録し、定期的に評価します。 必要に応じてケアプランを見直し、改善点を反映させます。

スタッフの教育と連携:

  看護師や医師との連携を密にし、身体状況の変化に迅速に対応します。

ケアプラン文例:入浴・身体保清関係

生活全般の解決すべき課題(ニーズ)長期目標短期目標サービス内容
キーパソンが高齢の為、入浴介護の負担を軽くしたい。在宅生活を継続させる本人及び介護者の健康状態が保たれる移動介助。・排せつ一部介助。・食事の提供。見守り・入浴一部介助。・更衣介助。
サービス付き高齢者向け住宅で安心して生活を送っていきたい。清潔な環境で生活を送る。定期的に入浴支援と居室内の清掃を行い清潔な環境で生活を送る。訪問介護での入浴支援を行い身体保清を図る。
サービス付き高齢者向け住宅で安心して生活を送る事ができる。入浴の介助を受け、身体の保清を図り、気持ち良く過ごす事ができる。入浴の介助を受けて、安心して入浴する事ができる。・入浴介助・身体の保清を図る・皮膚状態や全身状態の確認。
スキントラブルが予防できる。安全に入浴を行うことができる。自宅で介助のもと安全に入浴を行うことができる。健康状態をみながらの入浴、清潔保持に関する支援。・皮膚状態の確認・快適な入浴を目的とした入浴支援。り青潔保持を目的とした清拭や足浴支援。・スキンケア
デイケアを利用し、入浴行い、家族の介護負担を軽減したい。家族の介護負担が軽減される。介助により安全に入浴を行う事ができる。・介助による入浴。・衣類の着脱の支援・皮膚状態の確認
デイサービスの利用で、食事々入浴の支援を受け、独居生活を継続したい。デイサービスを定期的に利用できる定期的に入浴をして清潔を保つ。デイサービスの送迎で通う事ができる。食事が摂れる。入浴が出来る。・食事・入浴・体調観察、皮膚状況の確認
デイサービスの利用で規則正しい活気ある生活を送りたい。清潔を保ちリラックスできる。見守りや介助で入浴し届く部分は自分で洗体する。職員による見守りや一部介助により安全な入浴を提供する。
デイサービスを利用する事で、安全に入浴する事ができる。デイサービスで安全に入浴でき、清潔に過ごす事ができる。デイサービスに通所し、安全な入浴を行う。・安全な入浴介助、皮膚の観察と処置・更衣介助・洗身と温もり・バイタルチェック
デイサービス等利用し、自宅で閉じこおりの生活を防いで社会交流をし、認知症状の進行を防ぎたい。デイサービスを定期的に利用できるデイサービスの送迎で通う事ができる。他の利用者の方とお話し、楽しく過ごす事ができる。・食事・入浴(見守り・声かけ)・レクリエーションを通じてデイサービスのスタッフや利用者と交流する。・服薬促し、体調確認
デイサービス等利用し、生活のリズムを整えたい。身体機能を今のまま維持したい。社会交流し、心身の活性化を図り、生活のリズムが整う。ご家族の介護負担を軽減する。入浴や食事などのサービスを受けて、定期的に通所する。・安全な入浴介助、皮膚の観察と処置・更衣介助・洗身と温まり・バイタルチェック・食事の提供・食事介助・無理のない利用(ベッドで休息をとりながら無理なく利用)
できるだけ薬の効いている時間帯に自分で身のまわりの事をしたいが思うように動けなくなる事も多い。家族に迷惑は掛けたくないが一人ではどうする事もできなくなる事もある。できるかぎり自身の力で入浴することができる。体が動きやすい時間帯に安全に移動できる薬が効いている時間帯に家族の見守りで入浴をおこないます。動けない時間帯は家族で移動や身の回りの事を介助します。
ヘルパーさんや看護師さんに手伝って貰いながら生活を続けていきたい日常生活に必要な身の回りの支援を受ける事ができる毎日の生活環境が整う。施設の機械浴を利用。入浴に対する一連の介助。移動・移乗介助洗体・洗髪介助 (二人介助)更衣介助
安全な入浴清潔な状態で在宅生活を継続していく。通所リハ利用時、安全に入浴を行う入浴介助を実施し安全な入浴を実施する。
安全な入浴を行いたい。安全な入浴が行える。定期的な入浴支援が行える。安全な環境での訪問介護による入浴支援を行い清潔保持を図る。
安全にお風呂に入りたい。安心して入浴ができる。気持ちよく生活する事ができる。介助を受けて、入浴ができ身体の保清を保つ。・入浴介助(洗身、洗髪)更衣介助・皮膚状態や全身状態の確認・必要に応じ、入浴後の軟膏塗布
安全に入浴がしたい。本人の状態に合わせ環境で定期的に安心して入浴することができる。入浴時の心身負荷なく入浴することができる。①通所リハビリでの入浴の援助。②家族による入浴の援助。③福祉用具購入※入浴補助用具購入し自宅での入浴支援の際に活用する。
安全に入浴ができる。定期的に快適な入浴を行う。身体保清を図り清潔な状態で過ごすデイケアを定期的に利用し安全な環境で入浴支援を実施する。
安全に入浴したい心身ともに清潔な状態で在宅生活が継続できる。入浴動作にかかる介護負担の軽減および転倒事故の防止。通所リハビリ利用時の入浴援助、更衣介助。
安全に入浴できるようにしたい定期的に心身の保清か図れ、快適な生活が継続できる入浴時の転倒事故防止、介護負担軽減。通所リハビリ利用時の入浴援助。
安全に入浴をおこないたい。心身の保清か図れ快適な在宅生活が継続できる。入浴時の転倒を防止する。通所リハでの入浴支援を受け身体保清を図っていく。
安全に入浴を行い、清潔を保ってほしい。清潔を保ち気持ちよく過ごせる。身体保清が行える。・手術後の足に負担がかからないよう、声かけ・介助をしてもらって入浴する。・入浴手順の助言。・更衣見守り、洗髪、洗身必要に応じて介助、移動、移乗の見守りを行う。
安全に入浴を行いたい自力で安全に入浴が行える。福祉用具の台座や手寸りを活用し入浴を行う。浴槽設置手寸りと浴槽内の台座を購入し入浴を行う。
自宅にお風呂がなく皮膚トラブルが起きているので解決したい。皮膚疾患がなく在宅生活が継続できる。定期的な入浴支援を受け身体保清か図れる。入浴支援を実施し身体保清を図る。 (状態が悪い場合は清拭介助を行い身体保清を図る。)
本人がお風呂嫌いであり家族の言ううこと聞かないので通所サービスで入浴してほしい。安全に入浴を行い身体保清をはかる週〇回デイケアで入浴を安全に行う通所リハで安全な環境で入浴を行い身体保清を図る。
自宅のお風呂で入浴を行いたい。安全に入浴支援を受ける。定期的に身体保清か図れる。訪問介護による入浴支援を行い身体保清と状態観察を行う。
安全に入浴を行いたい。清潔な状態で日常を過ごせる。定期的に入浴支援を受け身体保清を図る。デイケア利用時に安全な環境での入浴支援の実施。
安全に入浴を行い身体保清を図る。安心して入浴でき、清潔を保てる清潔を保つ事ができる入浴介助を実施し身体保清を図る。施設生活で体調不良や嘔吐などで身体に汚れが生じた場合は身体介護にて清潔保持を行う。通所リハが祝日などでお休みの際は訪問介護での入浴支援を行う。
安全に入浴を行う清潔な状態で一人暮らしを継続させていく。デイサービスにて安全に入浴を行うデイサービスにて入浴支援を行い安全な環境で入浴を行う。
一人で入浴すると不安な為、手伝ってほしい。安全な環境で自身のペースで入浴することができる。入浴の際、自身で出来ることは行うようにする。入浴介助、洗身介助、 (背中や足先等)、浴室内の移動時の危険回避、更衣.リハパンなどの声掛け
右大腿骨骨折の既往がある。転倒に注意し、毎日のデイケア利用で元気に過ごしたい。定期的な入浴ができ心身の保清保持ができる。状態に応じた入浴方法で清潔に保つ事ができる。・介助浴での入浴(洗髪、洗身、更衣、整容、移乗、移動、身体チエック等)・デイケア利用時の必要物品(入浴後の着替えなど)の準備や確認
右半身の麻痺や腰椎圧迫骨折既往があり動作が不安定で転倒の心配かある定期的に保清を図る事ができる。残存機能を活用しながら安全に入浴することができる。・デイケアでの入浴介助・バイタルチェック・浴室での移動介助・洗身、洗髪、更衣介助・身体状況の把握・自宅でのシャワー浴
家族が入浴の声掛や見守りをしたくても拒否かおり出来ない。デイサービスで入浴し皮膚観察もお願いしたい。確実に入浴できる機会を作る。清潔な状態を保てる。入浴介助・洗髪、洗身・更衣移動の介助や見守り
身体の不安はあるが、できるだけ自分でできることは自分でしたい。健康状態が維持でき、不安のない在宅生活が送れる。体調に合わせて、自身でできることが増える。見守りや受診の支援。また入浴や食事その他身の回りの支援を行う
身体は清潔に保ちたい。皮膚疾患かおり、庠みが継続してある。感染症予防身体の清潔の維持入浴介助(洗身、洗髪)更衣介助必要に応じ、入浴後の軟膏塗布
進行性の難病であり移動や移乗が困難である。支援を受けて安心した生活を送りたい。生活支援を受けることで安心して生活が出来る。身体の清潔保持入浴時の介助(移動介助、洗身.洗髪の介助、更衣の援助、水分補給、軟膏塗布
清潔な環境で生活を送りたい。定期的に本人のペースで入浴することができる。足の痛みがなく入浴することができる。訪問介護による入浴支援を受け清潔な状態で生活を送る。※体調不良などで入浴が難しい場合は、清拭支援を行う。(必要時)足の浮腫が強く触ると痛みかおる為、本人の体調・ペースに合わせた入浴支援を実施する。 (急変時の嘔吐等、衣類やリネンを汚した際は身体保清の支援を行う。)
家族も高齢で入浴支援が難しい為、本人が安心して入浴できるように支援してほしい。清潔保持を行い生活を送る。定期手に入浴の支援を受け安全に入浴が行える。通所介護を利用し入浴支援を行い身体保清を図る。
清潔な状態を維持したい。皮膚トラブルなく清拭保持していくことができる。清拭・入浴支援を受け身体保清を図ることができる。①訪問入浴での入浴支援②訪問看護・家族での清拭介助(適宜)
清潔感のある在宅生活を送りたい。清潔感のある在宅生活が送れる。定期的な入浴が行える。自分自身で出来る事は行ってもらい、出来ない部分・危険な行為については介助を行う。※入浴介助加算おり。
自宅での浴槽では入浴が難しいので安全に入れる入浴支援をお願いしたい。清潔保持を図り皮膚疾患なく過ごせる。訪問入浴での安全な入浴を実施し、全身の観察と身体保清を図っていく。訪問入浴での安全な入浴を実施し、全身の観察と身体保清を図っていく。
脱腸のため、不快感かおり、何度もトイレに行ってしまう。気分不良の改善清潔を保つことが出来る。ヘルパーによる陰部洗浄(入浴囗以外)汚れた衣類行為の介助
通所サービスを利用し、運動や他者との交流を定期的に行いたい。認知症状の進行を防ぎたい。健康な身体を維持したい。通所サービスの利用を通じて、他者との交流が定期的に行なえ、刺激のある生活を送る事ができる。・食事・入浴・レクリエーションを通じてデイサービスのスタッフや利用者と交流する。・体調の観察・食事・入浴・レクリエーションを通じてデイサービスのスタッフや利用者と交流する。・体調の観察
定期的に安全な環境で入浴を行いたい。清潔な状態で生活をおくることができる。定期的に入浴支援を実施。訪問入浴を実施し定期的な入浴支援を実施する。
糖尿病・閉塞性肺疾患等の状態観察をお願いしたい。体調不良を起こすことなく、心身の保清か図れる。呼吸状態を確認しながら安全に入浴が行える。酸素状態を確認しながら看護師による入浴介助をお行う。
入浴の際に今付いている手寸りだけでは怖いので安心して入浴できる環境を作りたい安心して入浴できる。介助により安全に入浴できる。入浴時の介助・入浴前後の体調確認・移動・更衣・洗体洗髪の見守り、介助
入浴をお願いしたい。定期的な入浴で身体の清潔を維持できる安全な環境で入浴が行える。訪問入浴での支援を行い、安全な入浴環境で身体保清を図る。
入浴を安全に行いたい。入浴し、清潔を保つ。安全な入浴手段を確保できる。・デイケアの入浴を利用し、安全に入浴する・自宅で見守りのもと、安全にシャワー浴を行う。
入浴を行いたい。入浴支援を実施し清潔な状態で生活を送れる。定期的にデイにて入浴支援を実施し身体保清を図る。通所介護の安全な環境にて入浴支援を実施し身体保清を図る。
入浴を行い生活を送りたい。入浴介助を行い清潔な環境で生活を送る。安全に入浴できる通所介護利用時に入浴介助を実施し身体保清を図る。
入浴支援をお願いしたい。安全な環境で入浴支援を受け身体保清か図れる。入浴を行うことができる。定期的に家族による入浴支援を行う。※キーパーソン家族が動けない場合や本人が動けない場合等、必要時は訪問看護による身体保清の支援を行う。
入浴時は常に介助か必要であるため手伝って欲しい。安全に定期的に入浴できる。身体の保清か図れ入浴時の転倒事故の防止、介護負担の軽減ができる。入浴時の移動動作の見守りや動作の確認、更衣や洗体・洗髪の声かけ・介助をおこなう。
認知症状の進行により一人で洗体が難しい。家では妻の声掛けには応じない事も多いので入浴時、手伝って欲しい。確実に身体の清潔の保持ができる。定期的に入浴できる。入浴時の移動動作の見守りや動作の確認、更衣や洗体・洗髪の声かけ・介助をおこなう。・クリーム塗布(必要時)
脳梗塞後遺症がある。体調の管理を行いながら自宅で過ごしたい。背部のガス壊疽部の手術創の清潔が保て、良い状態を維持できる。安心して入浴ができる。・安全な入浴介助、皮膚の観察と処置・更衣介助・皮膚、手術創の確認と処置・椅子浴での洗身と温まり
肌が弱いので毎日お風呂に入れてあげたい。本人に負担なく安全に入浴できる。清潔の保持入浴の提供移動介助更衣・洗体・洗髪介助入浴前後の体調管理
浴室での動作を安全に腦担なくおこないたい。浴室内での動作の安定を図り定期的に入浴する気持ちよく入浴できる。シャワーチェアを使用し妻の介助や見守りのもと安全に入浴する。
浴室への出入りや浴室内の出入りは怖い。お風呂に入る際のシャワーチェアのセッティングなど出来ない事は手伝って欲しい。必要な支援を受け安心して生活できる。清潔を保つ。入浴介助の実施・入浴前後の体調確認・洗体・洗髪・更衣・浴室まで、浴室内の移動の介助・見守り
臀部の爛れや剥離ができやすい。定期的な入浴ができる環境を作りたい必要な支援を受け不安なく安心して生活できる。定期的に入浴し皮膚状態の確認もできる。入浴時の介助・入浴前後の体調確認・移動・更衣・洗体洗髪の見守り、介助