ケアプラン作成例文

ケアプラン2表【文例】課題(ニーズ)・長期・短期目標 排泄関係について

Excretion related

ケアプラン排泄関係についてポイント

Excretion related

ケアプランを作成する際の排泄支援に関するポイントは、利用者の健康状態、生活の質、尊厳を保つために非常に重要です。以下に具体的なポイントを挙げます。

1. 利用者の個別性を尊重する

  • 個別のニーズ把握: 利用者の排泄パターン、頻度、困難さ、介助の必要性を詳細に把握します。
  • プライバシーの確保: 排泄は非常にプライベートな行為です。利用者のプライバシーを最大限に尊重します。

2. 環境の整備

  • 安全なトイレ環境: 手すりの設置や滑りにくい床材の使用など、安全に配慮したトイレ環境を整えます。
  • アクセスの容易さ: トイレへの移動が困難な利用者には、ポータブルトイレの設置や適切な移動手段を提供します。
  • 必要な福祉用具購入:ポータブルトイレなど必要な場合は福祉用具事業所へ相談と介護保険での特定福祉用具購入を行えます。

3. 身体的・精神的サポート

  • 身体的サポート: 排泄介助が必要な場合、適切な体位での介助や必要な補助器具を使用します。
  • 精神的サポート: 排泄の羞恥心や不安を和らげるため、利用者とのコミュニケーションを大切にし、リラックスできる環境を作ります。

4. 健康管理

  • 排泄記録の管理: 排泄の状況を定期的に記録し、異常があれば速やかに対応します。便秘や下痢などの兆候を見逃さないようにします。
  • 医療との連携: 必要に応じて、医師や看護師と連携し、適切な医療ケアを提供します。(摘便や浣腸などの排泄コントロールは、医療処置になります。)

5. 自立支援

  • 自立度の向上: 利用者が自分で排泄できるように支援し、トレーニングやリハビリを通じて自立度を高めます。
  • 継続的な見直し: 利用者の状態やニーズに応じて、ケアプランを定期的に見直し、必要に応じて改善します。

6. 教育と研修

  • スタッフの研修: 介護スタッフに対して、排泄支援に関する知識や技術の研修を行い、質の高いケアを提供します。
  • 利用者と家族への説明: 排泄支援の方法や目的について、利用者および家族に十分に説明し、理解と協力を得ます。

ケアプラン2表【文例】:排泄関係について

生活全般の解決すべき課題(ニーズ)長期目標短期目標サービス内容
サービス付き高齢者向け住宅で安心して生活を送る事ができる。不安なく排泄を行うことができる。定期的に排泄介助・更衣を行い、気持ち良く過ごす。定期的な排泄介助と更衣介助、排泄物の処理。
トイレで、排尿・排便が失敗なくできるトイレでの排泄行為を維持する。排泄間隔に留意し、トイレ誘導への言葉かけをする定期的な時間に排泄介助を行い排泄コントロールを行っていく。
トイレを安全に行いたい。トイレの際、安全に排泄が行える。安全環境で排泄が行える。トイレの立ち座り動作を安楽に行う為に手寸りをレンタルする。・移動が困難な際は、ポータブルトイレにて排泄を行う。ポータブルトイレ購入
認知症進行により尿失禁もあり身の回りの全てに介助か必要な状況となっている。排泄による汚染がなく衛生的に生活を送ることができる。定期的に排泄の声掛けを行いトイレにて排泄することができる。膝・腰痛等で移動困難な事が多く排泄・更衣・下着の交換介助・陰部の清拭
ヘルパーさんや看護師さんに手伝って貰いながら生活を続けていきたい排泄に関しての不安が無く過ごすことができる。朝・昼に排泄支援を行い衛生的にすごすことができる。排泄介助の支援を行う。起居動作・移乗移動時の介助は二人でおこなう。・バルンパック内の処理
便秘症であり、排便コントロールをお願いしたい。体調不良起こすことなく過ごすことができる。訪問看護による排便コントロールを実施し排泄することができる。定期的な病状観察・異常の早期発見定期的な排泄コントロールを行う。 (浣腸等で排便コントロール実施)
ポータブルトイレを使用しているが自宅のトイレに行けるようになりたい。トイレで排泄できる。移動しやすい環境を作る。体調の良い剛こトイレで排泄できるようトイレ用フレームを使用しトイレ内の移動を軽介助で安全におこなう。
安楽に排泄を行いたい。定期的に排泄が行える。負担なく排泄が行える。訪問介護による定期的な排泄介助を実施する本人の状態に合わせながら排泄介助を実施。・排泄介助・陰部洗浄・アズノール塗布・オムツ交換・汚染の際、着衣交換・シーツ交換
在宅生活が安全に継続できる。身の回りのことが自立できる。自宅であればいつでも一人でトイレに行ける。・自宅ではなるべく自分で行えるような心がけ・自宅における排泄介助
施設での生活の中で不安な部分今出来ない事は手伝って欲しい。必要な支援を受け不安なく安心して生活できる。衛生的な日常生活を送る。更衣・排泄・洗顔口腔ケア・移動介助等 (身の回りの介助全般)日中はトイレ誘導夜間 オムツ使用
自身でトイレでの排泄が難しい為、排泄の支援をお願いしたい。訪問介護で必要な生活の介助を受け、見守りのもとで安全に過ごす。定期的に排泄介助や更衣を行い、気持ち良く過ごす。定期的な排泄の介助、更衣介助、排泄物の処理。
自身でトイレでの排泄が不可能な為、排泄での支援が必要である。排泄コントロールを行い安定して生活が送れる。定期的に排泄介助を受け皮膚トラブルや排便でのトラブルなく生活が送れる。訪問介護による排泄介助を行い清潔保持・排泄コントロールを行う
自宅で安心して療養生活を送る事ができる。ご家族の介護負担を軽減し、在宅生活を継続する事ができる。定期的に排泄介助か安全にかつ負担少なく行なえる。・排泄介助、必要時更衣介助・排泄物の処理・本人及び介護者の状況確認。・水分摂取の促し、飲水介助
自宅で快適に暮らしたい。自宅での生活が継続できる。体の痛みと上手に付き合いながら、トイレの動作が自立できるようになる。・排泄に対する支援【トイレまでの移動や更衣に対する介助】・夫の不在時の安全確認、転倒予防等
主介護者に疾患があり、身体介護が出来ない状況。サービス利用し、安心した在宅生活を送りたい。介護負担を最小限にすることで在宅生活ができる。定期的に排泄介助か安全にかつ負担少なく行える。・朝昼夕の排泄介助と更衣介助、起床介助(顔、手等の部分清拭)排泄物の処理及び、移動。・本人及び介護者の状況確認。
身体の清潔を保ち快適に生活したい清潔で快適な生活を送る定期的に排泄介助・ポータブルトイレ処理を行い衛生管理を行う。排泄関連動作の介助・ポータブルトイレの処理・陰部洗浄リハビリパンツ交換/汚染時の更衣介助失敗時のシーツ交換皮膚疾患かおる場合は医師から処方されている軟膏を塗布する。
進行性の難病であり移動や移乗が困難である。支援を受けて安心した生活を送りたい。安全.安心して外出することが出来る。通所リハビリヘ行く為の排泄支援を行い安心して外出できる。身だしなみを整える。1階へ降りるまでの介助。排泄介助を誘導し送迎準備を行う。
清潔な環境で施設での生活を送りたい。清潔な衣類で生活ができる。定期的な排泄介助を行い清潔すごす訪問介護による排泄介助を実施しおむつ交換・衣類交換を行い清潔な状態で生活を送ることができる。(布団などが汚れている際は、リネン交換を行う。)
生活上のすべてにおいて介助か必要。ヘルパーや看護師の支援を受けて、施設での生活を続けたい。日常生活に必要な身の回りの支援を受けることができる。毎日の生活環境が整う。・身の回りの介助全般・更衣介助・排泄介助・整容、口腔ケア・起居動作、移乗介助
体調に気をつけて健康に過ごしたい身体機能を維持し、転倒なく過ごす夜間のトイレ時のぶらつきが強いため、、安楽尿器を使用し、夜間の転倒・事故を防ぐ。安楽尿器を使用し、安全に排泄動作を行う。
朝・夕のオムツ交換をお願いしたい定期的な排泄で安心して過ごす事が出来るポータブルトイレの処理・オムツ交換が行え清潔な環境で過ごすことができる。①朝・夕の排泄介助を実施。ポータブルトイレの処理やオムツ交換・陰部洗浄を実施。
②軟膏の塗布を行う※医師から指示のある軟膏塗布。
③排泄により衣類が汚れている場合は、身体保清の支援(着衣交換・シーツ交換)を行う
排泄は介助か必要で家族負担をかけないようしていく快適な生活を送ってもらう。身体の清潔を保つ排泄介助、おむつ交換、陰部洗浄必要時、ポータブル使用
排泄を安全に行いたい。排泄が問題なく行える。排尿を自身のタイミングで尿瓶(桶)で行う。定期的な尿瓶の処理・排泄の見守り、声掛け促しを行う。排泄時にベッド周辺が汚れた際は環境整備を行う。※体調不良等により排泄が困難な場合は、オムツ交換の支援を行う (必要時は訪問介護にて対応を行う。)
貧血症状に変動かおり身体が動かなくなる事かおる。出来る範囲のことは自身で行い自立した生活が送れる病状の変動かおる際も、支援により安定した生活を送れる。貧血症状が悪化した際に必要時、食事介助・着脱介助・排泄介助・を行い支援を行う。
夜間、トイレに移動する際に急いで移動しようとすると転倒の危険性もあり間に合わなかったりがあるため夜間はベッド横で排泄したい。住宅改修や福祉用具の利用で不安なく移動できるようになる。夜間も転倒なく排泄できる。ポータブルトイレの使用で夜間も安全に排泄できる。
夜間帯ポータブルトイレで排泄を行うので午前中にポータブルトイレトイレの処理・排泄を安全に行いたい安全で衛生的な環境で排泄を行うことができる。衛生的な居室で過ごすことができるポータブルトイレの処理。体調・排泄確認を行い体調がいい場合は自宅内トイレでの排泄促し、見守りを行う。排泄により衣類が汚れている場合は、身体保清の支援(着衣交換・シーツ交換)を行う。
両膝変形症のため立位や歩行時にバランスを崩し転倒の危険性が大きい。トイレを安全に行いたい。転倒なくトイレで排泄できる。手すりを活用しトイレで排泄できる。排泄を促し環境整備を行う。 (状況により排泄介助を行う)