ケアプラン作成例文

ケアプラン2表【文例】課題(ニーズ)・長期・短期目標 介護負担軽減 

Reduce nursing care burden

ケアプラン:介護負担軽減についてのポイント

在宅生活を維持していくには被介護者(キーパーソン)の健全な体調面・精神面も重要になってきます。介護に対しての負担を少しでも軽減できるように検討していきましょう。

1. 個別ニーズの把握

  被介護者とその家族の具体的なニーズを把握し、それに基づいてケアプランを設計します。被介護者の身体的、精神的状態だけでなく、家族の介護負担や生活スタイルも考慮します。

2. 利用可能なサービスの活用

  地域の介護サービスや支援制度を最大限に活用します。デイサービス、ショートステイ、訪問介護など、多様なサービスを組み合わせることで、家族の負担を軽減します。

3. 介護者のサポート

  介護者自身の健康とメンタルヘルスをサポートするためのプランも含めます。介護者のストレスを軽減するために、リフレッシュの時間を確保する方法や相談できるよう定期的にご自宅に訪問してニーズを把握します。

4. リハビリと自立支援

  被介護者の自立度を高めるリハビリテーションやトレーニングを取り入れ、自分でできることを増やすことで介護負担を軽減します。

5. テクノロジーの活用

  介護ロボットや見守りシステムなどの最新技術を活用して、介護の効率化を図ります。これにより、介護者の負担を軽減し、安心感を提供します。。

ケアプラン【文例】:介護負担軽減

生活全般の解決すべき課題(ニーズ)長期目標短期目標サービス内容
キーパソンが高齢の為、介護の負担を軽くしたい。在宅生活を継続させる本人及び介護者の健康状態が保たれる介護者の負担軽減ショートステイを利用し安全確保、日常生活に必要な支援を受ける・移動介助。・排せつ一部介助。・食事の提供。見守り・入浴一部介助。・更衣介助。・夜間見守り。
家族が不在の日中を安全に過ごしたい。家族の負担を軽減したい。ストレスを溜めることなく家族と共に生活を送ることができる。定期的にショートステイを活用し家族の介護負担軽減を図る。・ショートステイの利用をする。・日中夜間の見守り、排泄介助、食事介助、入浴介助等日常生活における必要な介助。
家族の体調不良の際や、緊急の用事の時にの日中を安全に過ごしたい。家族の介護負担を軽減したい。家族負担が軽減し在宅生活を維持できる。ショートステイで日常生活の支援を受ける。・ショートステイの利用をする。・夜間の見守り、排泄介助、食事介助、入浴介助等日常生活における必要な介助。
家族介護負担軽減を図る。家族の負担を軽減し在宅生活を維持していく。家族の介護負担軽減を図る。ショートステイを利用し安全確保、日常生活に必要な支援を受ける・移動介助。・排せつ一部介助。・食事の提供。見守り・入浴一部介助。・更衣介助。・夜間見守り。
緊急時や主介護者の体調不良時、また介護負担軽減のため、ショートステイを利用し、安全に過ごせるよう支援してほしい。介護負担軽減し家族と共に健康に過ごせる。日常生活上、必要な支援を受ける事ができる。・ショートステイの利用をする。・日中夜間の見守り、排泄介助、食事介助、入浴介助等日常生活における必要な介助。
緊急時や疲弊時などにショートステイやレスパイト入院をしたい。本人・介護者ともに安心して過ごせる。適切な介助を受ける事ができる。胃瘻の対応ができる施設を利用し夜間も含め介護負担の軽減ができる。レスパイトでの入院
緊急時今主介護者の体調不良時には安全に過ごせるよう、支援してほしい。介護負担の軽減ができ、安全に過ごせる。日常生活上、必要な支援を受けることが出来る。必要時にショートステイを利用する。
妻が仕事の間、自宅で一人となるため、ヘルパー利用し自宅での生活を見守ってほしい。夫婦二人の生活を無理なく続けたいヘルパー利用し、自宅内で見守ってもらいながら安全に生活する。妻の介護負担を軽減する。ヘルパー利用し、安心して自宅で過ごす。・妻が仕事の間のご本人の自宅内での見守り・妻の介護負担軽減のため、自室等の清掃。・コミュニケーションを図り、自然な会話の中で発語の機会をつくる。
妻が不在時の日中の安全を確保したい。介護者にストレスが溜まらず在宅生活が継続できる。妻が不在時の安全確保。①定期的な通所サービスの利用②ショートステイ利用
妻の介護負担を軽減したい。在宅生活が継続できる。適宜、ショートステイを利用し妻の介護負担を軽減する。ショートステイを利用し安全確保。 日常生活に必要な支援を受ける・移動介助・排泄介助・食事の提供・入浴一部介助・更衣介助・夜間の見守り
妻の負担の軽減や緊急時などに泊りのサービスを利用したい。必要な支援を受ける事ができる。本人・妻ともにリフレッシュする時間を作る。ショートステイの利用日中・夜間の見守り服薬確認食事摂取の管理入浴の見守り・介助送迎により安全にショートを利用する。
主介護者が就労しなければならない状況と体調悪化により本人の在宅での介護が限界となっている、ロングショートを利用し安心・安全な日常を送り家族の介護負担を軽減する。家族の介護負担が軽減できて安全に過ごせる。日常生活に必要な支援を受け、転倒事故等なく安全に過ごせる。ロングショートを利用し安全確保、日常生活に必要な支援を受ける・移動介助。・排せつ一部介助。・食事の提供。見守り・入浴一部介助。・更衣介助。・夜間見守り。
二人で生活しており、何かあった時の為に夫の介護を行てもらえる環境を整えたい。家族の介護負担軽減を図り在宅生活を継続していく。ショートステイでの環境になじみ問題なく過ごせる。ショートステイを利用し安全確保。 日常生活に必要な支援を受ける・移動介助・排泄介助・食事の提供・入浴一部介助・更衣介助・夜間の見守り