未分類

教育訓練給付制度活用でお得にキャリアップ!

visit-nurse

教育訓練給付制度とは?キャリア形成をサポートする制度

教育訓練給付制度は、働く方々の能力開発とキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を目指す制度です。厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されます。

教育訓練の種類

教育訓練給付制度では、以下の3つの教育訓練が対象となります。

  1. 専門実践教育訓練:
    • 労働者の中長期的なキャリア形成を支援する講座が対象。
    • 受講費用の50%(年間上限40万円)が支給されます。
  2. 特定一般教育訓練:
    • 速やかな再就職や早期のキャリア形成をサポートする講座が対象。
    • 受講費用の40%(上限20万円)が支給されます。
  3. 一般教育訓練:
    • 雇用の安定や就職の促進に資する講座が対象。
    • 受講費用の20%(上限10万円)が支給されます。

支給申請手続き

教育訓練給付金の支給申請は、お住まいを管轄するハローワークで受け付けています。詳細な手続きや必要書類については、ハローワークのウェブサイトをご確認ください。

お役立ちリンク:

教育訓練給付制度を活用して、キャリアアップを目指しましょう!🌟

教育訓練給付制度とは?特定一般教育訓練と専門実践教育訓練の違い

教育訓練給付制度は、働く方々の能力開発とキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を目指す制度です。具体的には、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されます。

この制度の中で、一般教育訓練・特定一般教育訓練・専門実践教育訓練という講座があります。それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

一般教育訓練

  • 一般教育訓練は、雇用の安定及び就職の促進を図るために必要な職業に関する教育訓練として厚生労働大臣が指定したものを指します。
  • 通常は1か月以上1年以内の短期の講座を想定しています。

特定一般教育訓練

  • 特定一般教育訓練は、一般教育訓練の中でも特にキャリアアップ効果の高い講座を指定したものです。
  • 中長期的なキャリア形成を支援するため、給付率が一般教育訓練よりも高く設定されています。
  • 受講前に訓練前キャリアコンサルティングを受け、給付の効果を調査するため、受給時報告の提出が義務付けられています。

専門実践教育訓練

  • 専門実践教育訓練は、業務独占資格や名称独占資格の取得を目標とする講座を指します。
  • 中長期的なキャリア形成を支援し、特定の職業に関連する知識や技能を高めることを目的としています。
  • 受講前に訓練前キャリアコンサルティングを受け、給付の効果を調査するため、受給時報告の提出が義務付けられています。

具体的な違いをまとめると、給付率や内容、事前手続きなどが異なります。社会福祉士を目指す方は、自身のキャリア目標に合った講座を選び、教育訓練給付制度を活用してスキルアップしましょう!

詳細な情報は、お住まいのハローワークで確認していただくことをおすすめします。

具体的例:社会福祉士を目指すために!

社会福祉士を目指すための一般養成施設や短期養成施設を探す方法をご案内いたします。以下のステップを参考にしてください。

  1. 受講対象の講座を選定:
    • 社会福祉士になるために必要な講座を選びます。一般養成施設や短期養成施設で提供されている講座が該当します。
    • 厚生労働省が指定した講座を選ぶことで、教育訓練給付金の支給対象となります。
  2. 教育訓練給付金の申請手続き:
    • お住まいを管轄するハローワークで教育訓練給付金の支給申請を行います。
    • 電子申請が可能となっているため、2024年2月1日以降は電子申請を利用できます。
  3. 必要書類の提出:
    • 教育訓練給付金の支給申請には必要書類があります。ハローワークで提出書類チェックリストを確認し、必要な書類を用意してください。
  4. 講座の受講:
    • 選定した講座を受講します。修了後に受講費用の一部が給付されます。
  5. 給付金の受け取り:
    • 教育訓練給付金は、受講修了後に支給されます。

自分にあった資格や学校の探し方

自分に合った資格や学校を見つけるために、以下のポイントを参考にしてみてください。

資格の探し方

資格を選ぶ際には、自分の目的や興味に合ったものを選ぶことが大切です。以下のステップで資格を探してみましょう。

  1. 目的を明確にする: 資格を取得する目的を整理しましょう。転職、キャリアアップ、趣味の充実など、目指す方向性を考えてください。
  2. 資格の種類を理解する: 資格は大きく3つに分類されます。
    • 国家資格: 国が認定している資格で、難易度が高く社会的信用も高いです。
    • 公的資格: 大臣や省庁が認定している資格で、就職やキャリアアップに有利です。
    • 民間資格: 民間企業や団体が認定している資格で、幅広い分野があります。
  3. 自分に合った資格を選ぶ: 興味のある分野や将来の目標に合った資格を探しましょう。国家資格、公的資格、民間資格の中から選びます。

学校の探し方

大学や学校を選ぶ際にも以下のポイントを考慮してみてください。

  1. 学校のWebサイトを確認: 学校のWebサイトやパンフレットをチェックして、学校の雰囲気やカリキュラム、進学・就職の実績などを知りましょう。
  2. オープンキャンパスに参加: 学校のオープンキャンパスに参加して、実際の雰囲気や授業内容を体験してみてください。
  3. 将来の目標に合った学科を選ぶ: 学びたい分野に合った学科やコースを選びましょう。将来のキャリアにつながる学びを重視しましょう。